歯ブラシ

手っ取り早く着色を取りたいという人たちの間で話題になっているものに、トゥースティックダブルという商品があります。
この商品は、歯の消しゴムといううたい文句で販売されています。わかりやすくいうと、歯の表面についた色素を消しゴムのようにこすり落とす商品です。

そこで、商品の詳細な特徴やメリット・デメリットなどを調べてみました。

<スポンサーリンク>

トゥースティックダブルの基本情報

  • 商品名:歯を白くする歯の消しゴム トゥースティック ダブル
  • 価格:400円前後
  • 材質:ABS樹脂、ポリスチレン、シリコンゴム、研磨剤(無水ケイ素)、天然ハッカ、キシリトール
  • 製造元:株式会社東京企画販売
  • 本社:東京都小平市大沼町2-47-3

商品の特徴

トゥースティックダブルは、スティック状に形成された樹脂に歯を傷めにくい球形の研磨剤を配合して、歯の表面を擦って使います。茶渋やコーヒー、ワインなどの着色、ヤニなどを効率よく落としてくれます。
スティックの形状は、フラットタイプとペン先タイプの2つがセットになっています。フラットタイプは山切りカットになっていて歯の表面にしっかり当たるよう設計されています。

また、ペン先タイプは、歯と歯の間などの隙間に入りやすい形状になっています。このシリーズにはいくつかの種類がありますが、ダブルははじめからフラットタイプとペンタイプの2種類をセットにしていますので、すぐに全体に使うことができます。

さらには、虫歯予防に効果的なキシリトールも配合しています。天然ハッカの香りがすっきりとして、使用後の口の中はとても爽やかです。急いで着色を落としたい、という時などには便利な商品ですね。

<スポンサーリンク>

トゥースティックダブルのメリット・デメリット

それでは、トゥースティックダブルのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • いつでもどこでも使えて気になるときにすぐ綺麗にできる
  • 小さくて軽いので携帯にも便利
  • 歯の表面がつるつるになる
  • なんといってもコスパがいい
  • 繰り返して何回も使える
  • キシリトール配合で虫歯予防効果も期待できる
  • ミント系の香りが爽やかで気持ちいい

デメリット

  • あまり過剰にゴシゴシ使うと歯に傷がつくため着色がつきやすくなる
  • 歯と歯の間や溝の中、重なりの部分などの細かい部分は取れにくい
  • 本来の歯の色が白くなるわけではない

実際に使った人の口コミを見ても、黄ばみが比較的簡単に取れるのでお出かけの前に使用したり、バッグに入れているという人もいるようです。歯の表面がつるつるになるので気持ちがよいという声も見られます。

ただし、中には思ったように白くならないという声もあります。なぜならトゥースティックダブルは薬剤を使って漂白をするホワイトニングとはまったく違うタイプのものだからです。それでも、しばしば混同されることがあるようです。

<スポンサーリンク>

まとめ

トゥースティックダブルは、あくまでも一時的に歯の表面についた着色汚れを落とすための材料です。
そのためホワイトニング効果は期待できず、本来自分が持っている歯の色になると考えるといいでしょう。頑固なヤニなどには、ハードタイプもあるようです。

ただし、球形とはいえ研磨剤を使用していますので、歯の表面に細かな傷がつくことがあります。過度に使いすぎると、細かい傷がたくさんついてそこに色素が入り込み黄ばみを助長してしまうことになりかねません。

また、キシリトールが配合されているものの、感触が多い人や口の中の環境によっては虫歯予防の効果はそれほど期待できない場合もあります。
したがって、一時的な着色除去材料として時々気になるときに使う程度がおすすめです。