歯磨き

歯列矯正治療中で歯科医院のスタッフが一番頭が痛いのが、歯磨きがしにくいことです。
せっかく治療によってきれいな歯並びになっても、矯正装置を外した後に虫歯がどっとできている人も意外に多いのです。
ただでさえきれいに磨くのが難しい口の中に、さらに装置が入っていることからその磨きにくさは言葉に表せないほどです。
そこで、矯正治療中の歯磨きのコツについてわかりやすく説明しましょう。

<スポンサーリンク>

特に磨きにくいブラケット矯正

矯正治療にはいろいろな方法があります。
その中でも歯磨きがやりにくいものの代表がブラケット矯正です。
これは、歯の表面にブラケットという小さな装置を接着し、そこにワイヤーを通して引っ張る力で歯を動かす治療法です。そのため、歯ブラシが入りにくく、ブラケットの周りやワイヤーの下には汚れが残りやすい状態になっているのです。

このようなケースでは、歯磨きがうまくいかないまま数年後にブラケットを外すと、その周囲や歯と歯の間に虫歯がたくさんできていることがあります。せっかくきれいな歯並びになっても虫歯ができてしまうと本末転倒ですね。

ブラケット矯正に最適な磨き方とは

ブラケットが入っている人が効率よく歯磨きができる方法を紹介します。是非実践してみてくださいね。

1.普通の歯ブラシを使ってブラケットに正面からブラシを当ててワイヤーに沿って磨きます。
2.歯ブラシを斜めにブラケットの下に差し込むようにして上と下から磨きます。
3.歯の先端方向からワイヤーの下の歯と歯の間の隙間に「ワンタフトブラシ」という小さな歯ブラシを入れて磨きます。

4.歯茎の境目からブラケットやワイヤーの下に向けてワンタフトブラシを差し込んで磨きます。
5.糸ようじを通します(矯正用の糸ようじもあります)。

装置が入っていない人に比べるとかなり手間がかかりますが、これだけしっかり磨いておけばかなりの確率で虫歯や歯周病を予防することができるでしょう。

ここで使用した道具をおさらいしてみると

  • 歯ブラシ
  • ワンタフトブラシ
  • 糸ようじ

の3つが必須といえますね。特にワンタフトブラシは、矯正治療ではかなり歯磨きの効率を高めてくれます。ワンタフトブラシを使うことで虫歯や歯肉炎の予防率がかなり高まると同時に、装置の下に詰まった食べ物などもすっきり取り除くことができます。

<スポンサーリンク>

マウスピース矯正なども要注意

ブラケット矯正とは異なり、着脱式で歯磨きを普通にできるのがマウスピース矯正のメリットです。
着脱できるので歯磨きもいつも通りすることができますから、虫歯や歯周病のリスクは高くならないと考えるのが妥当です。
ところが、それでも虫歯や歯肉炎などになってしまう人がいます。その理由はマウスピースの使い方や清掃状態にあります。

矯正用のマウスピースは、飲食の時には外すことが推奨されています。その理由としては、マウスピースと歯の間に食べカスや飲み物などの糖分が入り込んで残ってしまうからです。
マウスピースを装着したままで飲食をすると、隙間に入り込んだ汚れや糖分を餌にして細菌が繁殖をはじめ、歯の表面が溶かされたり歯肉が炎症を起こしてしまいます。

また、マウスピースは使用した後に内側をきれいにブラシで清掃することが必要です。
少しでも汚れが残っていると細菌が繁殖し、それをまた歯に装着することになることがその理由です。

もうひとつ忘れてはいけないのは、外している間は入れ歯用洗浄剤などに入れて保管しておくことです。常に清潔な状態を保つために忘れないようにしましょう。

<スポンサーリンク>

予防も忘れない

歯磨きの仕方はわかってはいても、なかなかそれだけで虫歯や歯周病を予防するのは難しいのが現状です。
そこで、是非お勧めしたいのが、虫歯予防のためにできることを実践することです。

例えば虫歯を予防するためにおすすめしたいのが

  • フッ素入り歯磨き剤やジェルを毎日使う
  • 歯科医院で定期的にクリーニングやフッ素塗布をしてもらう
  • シーラントなどの予防処置をしておく

などがあげられます。特に歯科医院で受けられるクリーニングやフッ素塗布などのメンテナンスや歯磨きチェックはおすすめです。
また、日常的にフッ素の入った歯磨き剤を継続して使うと歯の質を強くすることができるので、予防にも効果的です。

また、歯周病を予防するためにおすすめしたいのは

  • 殺菌剤などを配合した洗口剤を使う
  • 定期的にメンテナンスを受ける

などがあります。歯磨きをした後に寝る前だけでも洗口剤を使うと、寝ている間に細菌が増えるのを抑えることができます。
市販でもさまざまな商品が販売されていますので、有効に活用するといいでしょう。

それでも歯磨きはとても難しいものです。そこでもうひとつ裏技的におすすめしたいのが、歯垢染色液を活用することです。
例えば夜や週に数回だけでも、歯垢が赤く染まって見やすくなる歯垢染色液を使って歯磨きをすると、歯磨きの精度が上がり自分の癖も見つけられます。