歯の治療において損傷した歯に詰め物やかぶせ物をすることがあります。
虫歯の治療においては削った部分をそのように補修しますよね。そのかぶせ物や詰め物がよく外れる人がいます。

そのような人も実は歯ぎしりをしている可能性が大いにあるんですよね。
ここでは歯のかぶせ物や詰め物が外れることと歯ぎしりの関係について詳しく書いています。

<スポンサーリンク>

歯の被せ物や詰め物がよく外れる方へ

虫歯菌にやられちまう歯

ほぼ数カ月に1回の割合で「銀歯が取れた」と来院される患者さんがいます。
短い時は、1ヶ月に満たないのにまた取れた!?しかも同じ歯・・・かと思ったら今度は反対の奥歯。こういった脱離(金属などの被せ物や詰め物が取れてしまうこと)を繰り返す患者さんには、歯ぎしりをしている方が多く存在します。
これは、自覚のない隠れ歯ぎしりも含め相当の割合になるのではないかなと経験上感じています。特に脱離を繰り返す人の大半は、6番や7番といった大臼歯部に多いですね。
それではなぜ脱離を繰り返すのでしょうか?

銀歯や詰め物をする場合、私たちは入念に噛み合わせのチェックを行います。
銀歯を例にして説明してみますね。銀歯の調整をする際、まず歯と歯の隙間のきつさを調整します。
ごくごくわずかに削りながらちょうどフロスがぴしっと通るくらいのきつさを目指します。

次は噛み合わせの調整です。よく赤い紙をかちかち噛んでくださーいって言われませんか?これは咬合紙とよばれるもので、この両面に色素を付けた紙を噛むことで強く噛み合っている場所に色をつけて調整する目安とします。
この際、かちかちだけでなくぎしぎししてくださいとも言われるはずです。ぎしぎしは横の動き、つまり側方運動のチェックです。
顎は上下だけでなく左右にも前後にも動きますから、少しでも当たりの強いところがあればチェックしなければいけません。

<スポンサーリンク>

ところが、歯ぎしりによる噛み合わせは想定外なのです。通常の噛み合わせの何倍もの力がかかる歯ぎしりは、それによって歯をしならせるほどの強さがあります。
しなった歯はいつもとは違う噛み合わせをするため、銀歯の調整の時にチェックした部分とは違う位置で噛むことが多々あるのです。そうすると必然的に銀歯にイレギュラーな力がかかり歯と接着しているセメントが砕けて脱離してしまいます。

こういった現象は、噛み合わせの調整をしてもまた起こることが多いようです。
銀歯は自分の歯と違って擦り減ることがないため、適応する力を持ち合わせておらず脱離という経過をたどるのでしょう。
このような患者さんには、歯ぎしりの予防としてナイトガードをお勧めしています。
覚のない方はあまり積極的に考えていただけないようですが、脱離を防止するためにも、加えて歯をもっと削り金属部分を増やして作り直したり歯が折れてしまったりするのを防ぐためにもぜひ一考してしていただきたいと考えています。

<スポンサーリンク>